グルコサミンは軟骨を保護したり痛みを緩和します

グルコサミンは軟骨を保護したり痛みを緩和します

グルコサミンは関節に関わる軟骨の成分として知られており、動物の軟骨以外にも皮膚や爪などにも含まれている成分です。
グルコサミンは食品の中に少量含まれている栄養素で、体内でも軟骨成分から作り出されるアミノ糖です。ムコ多糖や糖タンパクを作る原料でもあり、軟骨生成 細胞などを生産する細胞を活性化し、すり減った軟骨を再生し、軟骨が分解することを防ぐ働きがあります。
グルコサミンが不足すると関節痛や関節の炎症などを引き起こし、日常生活の中で負担がかかる膝関節などに大きな影響を与えることになります。
グルコサミンは美容や健康に良い影響を与えますが、一番期待されるのは関節の軟骨に関わることです。
関節の痛みは一度発生すると慢性化になり、骨の変形や関節に負担がかかり痛みが生じるのです。
関節と関節の間にある軟骨は、弱くなると骨と骨の衝撃も強くなり、骨の変形の原因ともなります。軟骨が薄くなったり弾力が無くなると、骨が関節の動きによ り削れてしまうなどの症状がでて痛みが発生します。
関節などに痛みが出た場合、炎症を和らげるための薬物、温熱、冷却療法などの対処療法しかないのが現状で、治療は長期になり痛みと付き合って行くことに なってしまいます。
このような状態の時に、軟骨成分であるグルコサミンを摂取すると、軟骨を保護したり、痛みを緩和することが可能になり、関節と関節の間の細胞の新陳代謝に も効果があり、関節の動きがスムーズになることが期待できます。


↑ PAGE TOP