グルコサミンの体内での働きと効用

グルコサミンの体内での働きと効用

グルコサミンはもともと身体の中でも生産されていますが年齢を重ねることによりその量は減少します。
ムコ多糖類の一種で軟骨のように関節同士の衝撃を緩和するクッション的な役割と潤いを保つ作用を果たしています。
特に40代以降生産量が落ちますが、そのほか使い過ぎや肥満による重量過多などでもすり減っていきます。
軟骨の細胞分裂を促し再生に役立つのが体外から摂取するグルコサミンの効用で蟹やエビなどに多く含ますが、現在では有効成分を抽出したサプリメントがある ので一定量を手軽に摂取することができます。
エイジングによる膝の痛みや関節痛の予防改善に役立ち、きしるような感触を軽減します。
軟骨の再生を促し、動きをなめらかに保つサポートをするほか劣化を防ぎ、炎症を緩和する作用のあるグルコサミンは同じく軟骨の形成に大きな影響があるコン ドロイチンと同時に摂るとさらに効果的です。
変形性関節症の治療として使用されることもあるグルコサミンの体内での働きは即効性はなく穏やかなため、効果が出るまでには数週間摂りつづける必要があり ます。
またプロテオグリカンやプラセンタなど成長因子を含む栄養素と同時に摂ると軟骨の強度をキープするのにさらに役立ちます。
関節は生活の質と深い関わりがあり、熟年層の将来的な寝たきりの状態を予防する意味でも有望視されています。
規定を超えて多量に摂取しない限り副作用はない安全性の高さもグルコサミンのメリットのひとつです。

↑ PAGE TOP